読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年上半期アイドルソングレコメンド【part3】

アイドル

 

足りない!時間が足りないよぉ!!

 

ちなみに毎回ブログ記事を閉じるようにしてるのは、管理人のPC環境が貧弱で、動画が多いとすぐフリーズするためです。優しいね!(PC環境スペック的に)

 

 

 

  • 3Bjunior / 七色のスターダスト

 

スターダストプロモーションに所属するアイドルグループが一同に介した夢のグループ3Bjunior

スタダアイドル好きとしては、こんなの天国とかそういった類の楽園ですよパラダイス。

色々なアイドルが好きな中で、何故スタダアイドルに惹かれるのかは理由があるんですが、まず一番は「メンバーが個性的」だということ。

それだけだと「他のアイドルグループも個性的じゃないか」という声も挙がりそうですけど、スタダアイドルの曲って必ずと言っていいほどサビ以外のパートがソロパートで構成されてるんですね。メンバーの歌唱力には左右されずに、「下手もひとつの個性」としてソロパートを与えてる。

その辺はジャニーズにも通ずるところがあると思うんですけど、全パートユニゾン歌唱になるとどうしても個性というものが没落してしまう気がするんですよ。

そのあたりは「七色のスターダスト」も例外ではなく、ももいろクローバーZ私立恵比寿中学チームしゃちほこのメンバーに関してはひとフレーズづつパートが割り振られている。

やっぱりメンバーのソロパートが聴けるっていいなあって。

あとここではまだチーム大王イカのメンバーとして活動してた私立恵比寿中学転入生、小林歌穂、中山莉子の姿も確認できたり、センターを張る百田夏菜子の後ろで中段センターを務めるたこやきレインボーエース清井咲希の姿にも注目ですよ奥さん。

 

 

Berryz工房 / 普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?

 

 

 ごめんなさい、Berryz工房ナメてました。

 

 

 いや、正直ハロプロの中では絶対的エースのモー娘。、圧倒的パフォーマンスで魅了する℃-ute、逆境から巻き返してきたスマイレージ、恵まれた楽曲と勢いで駆け上がるJuice=Juiceといる中で、個人的には今ひとつ楽曲面や、活動で食いつく部分が少なかったのも事実なんですよ。(ももちのバラエティー活動こそありましたが)

ただやはりアイドルグループ界の中でもトップクラスの個性派集団。

10年近くメンバーチェンジもなく同じメンバーでやって来た女性アイドルグループは稀有な存在でしょう。

 

 

アイドル10年やってらんないでしょ!?
石の上でさえ3年だよ
青春全部ささげた事は
誇りに思って生きて行くわ
アイドル10年やっちまったんだよ
バイト感覚じゃ続かないから
土日も全部ささげて来たよ
好きな事だって仕事となりゃ別腹だよ
それでも アイドル I love it!

 

 

どのアイドルもトップを目指して目指してる中、一番大事なのは「覚悟」じゃないでしょうか。

小学生からアイドルを体現してきた彼女たちにしか歌えないリアルがこの曲にはあるし、こんな重いテーマの曲もさらっと歌える覚悟を彼女たちは持ってるのだと思います。 

 

 

  • Peach sugar snow / 人魚~泡になって消えても~

 

 

 まったくのノーマークだったんですが、小娘さんのツイートで知ることが出来ました。

Peach sugar snowは山梨の桃をPRするために活動する山梨のロコドルなわけですが、特筆すべきはウィスパーボイスを活かしたその楽曲でしょう。

 カヒミ・カリィやくしまるえつこなど、ウィスパーボイスを売りにした歌手はいましたが、そのスキマをついてアイドル界に持ってくるとは!!

PVに関してもメンバーや楽曲の透明感を表現していて秀逸だと思います。

これは一発で持ってかれる人いるだろうなあ…。

人魚~泡になって消えても~

人魚~泡になって消えても~

 

 

 

  • 小池美由 / 宇宙かくれんぼ

 

 みんな!小池の新曲だよ!!

 

ゴッドタンでの活躍が注目されているソロアイドル小池美由のニューシングル。

その独特過ぎるキャラクターも人気ですが、こうしてど直球過ぎるアイドルソングを歌わせても様になるのはさすがアイドル!さすが小池!といったところでしょうか。

愛すべきキャラクターなので、これからもバラエティーを中心に頑張って欲しいところですが、持ち前のアイドル力も高いと思うので、全国のイベンターさんは小池を呼んであげればいいと思いますよ。特に北海道とか。とか。

宇宙かくれんぼ 【初回盤 ピンク】

宇宙かくれんぼ 【初回盤 ピンク】

 

 

 

  • ライムベリー / ウィンタージャム

 

 

 昨年夏から活動休止していたライムベリーが帰ってきました!

 

メンバーであった大田原優花の脱退、そして今までの事務所とT-Palette Recordsを離れるという大きな変化がありましたが、2MC1DJでの再出発。

 

そしてこの曲はスチャダラパーのサマーチューン「サマージャム'95」にオマージュ受けて制作されたいわばアンサーソング。

 

 

みんな そそのかされちまう
ついつい 流されちまう
結局暑さで まいっちまう
誰のせい? それはあれだ!
夏のせい

              スチャダラパー / サマージャム'95

 

 

 

みんな 心枯れています

ついつい 涙が出ます

年末寒さで 参ってます

誰のせい? それはあれだ!

冬のせい

              ライムベリー / ウィンタージャム

 

 

 露骨なほどオマージュ元に寄せてますが、そのあたりも許せるゆるさや愛嬌がライムベリーの魅力なので、これからも新しい環境で頑張って欲しいところです。

ウインタージャム

ウインタージャム

 

 

 

2014年上半期アイドルソングレコメンド【part4】 - 縦ノ繊維
http://tatesen.hatenablog.com/entry/2014/07/07/171458