読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕、甲本ヒロトが好きだ

音楽

 

 

自分が好きなロックンローラー甲本ヒロトという人物がいます。

 

 

まあそもそもいまさら言うまでもないくらい様々な人から敬愛されている人だろうし、いまさら語る必要もない人なんですけど。

 

で、まあみんな好きなのはTHE BLUE HEARTSだろうし、僕もそうです。

だけど甲本ヒロトの曲で一番好きなのはTHE BLUE HEARTSの曲じゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 あの日の僕のレコードプレーヤーは

 

 少しだけいばって こう言ったんだ

 

 いつでもどんな時でも スイッチを入れろよ

 

 そん時は必ずおまえ 十四才にしてやるぜ

 

 

ロックンローラーの”十四才”を切り取ったらこういうことなんだと、初めて聴いた時は脳みその裏っかわをガツンと殴られた衝撃でした。

 

まるで今の甲本ヒロトが中学生の時の自分に語りかけるような歌詞は今聴いても震えるような感覚がありますし、多分これからもっと年を取っていこうがこの曲を聴けば誰もがあの頃の”十四才”に戻れるようなそんな曲で在り続けると思います。

 

 

まあ話は変わるんですが、甲本ヒロトの言葉で好きな言葉があるんです。

 

 

初めてギターを手にした瞬間が、ロックンローラーとしては頂点なんだよ。

そこから下るかキープするか、2 つの道を選ぶんだよ。

僕達は、いつでもそうだよ。

初めてギター、楽器を握って、うわぁ、カッコいいこのギター、って思った、あの感じだよ。

 

 

 

この曲で何度も流れる「ジャーン!!」のギターのストローク

 

あのストロークこそが初めてエレキギターを手にしてアンプにつないで出した「ジャーン!!」の音だと思いませんか?

 

勝手な思い込みかもしれませんが自分にはそう聴こえるし、あの「ジャーン!!」をキープできている甲本ヒロト、そして真島昌利ロックンローラーとしていまだに頂点をキープ出来てるんだと思います。